みんなの借金しくじり話
失敗談

第3者に迷惑をかけることになり信用がズタボロ…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『アコム』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

借金をする以前は良質でポジティブな考えを持ち毎日を過ごしていました。

ですがその反面ギリギリな生活だったためこの先の不安がとてもあり、毎日少しずつストレスが溜まり時には体を崩すことが何度かありました。

借金をすることは世間一般あまり良い印象ではありませんが、自分は借金をするということは悪いとは想っていません。

しっかり現在の収入がある上でちゃんと返済できればそれで良いのです。

借りるのが当たり前になったらその考えが癖になり自分では抱えきれなくなって終わりですが、ほどほどに借りるのは良いと思ってました。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

そもそもなぜ借金をしてしまったかというとギリギリの生活を送っておりなんとか生活費をバイトで賄っており、新型コロナウィルスの流行でバイトを失い収入源が無くなったのが借金をする原因でした。

コロナウィルスの国からの補償も何度か受けましたがそれでも生活を賄っていくほどの額にはおよばなかったため借金をしてなんとか生活費にまわして現在暮らしています。

今は生活保護などの情報も調べています。

別のバイトも探したりなどして何とかこの生活を続けております。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

自分が借金をする時に気をつけているのは利息が低いところに借りることですね。

自分は低収入なので返済する時にあまり高額にならないように気をつけています。

それと借金する際は自分の借りようと思っている額の最低額を借りることです。

どう言うことかと言うと、自分が借りようと思っている額より少し多く借りてしまうとその分多く無駄にお金を使ってしまうということです。

なので最低限の額を借りて必要なこと、目標のために使い、娯楽や計画外のお金はしっかり今現在での収入源で賄うということが大事です。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

借金をして良くなったこともあります。

それは「お金がない」

と思って生活していた事が、借金でお金を借りられたことで少し余裕ができ、これまで抱えてきたストレスや不満が一時的に無くなったということです。

そしてさらに生活の質が劇的に良くなりました。

自分は借金で借りたお金をそのまま生活費に回していたためそのお金で生活ができゆとりがもてたからです。

心身的にもギリギリの生活で不安を抱えながら毎日を過ごすよりも少しは誰かに頼ることも大切です。

そこで感謝をすることで返済する期間頑張ろう気持ちになり、生活の質が良くなるのです。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

これから借金をされる方、まず、借金して借りたお金を何に使うのか何の目的に使うのかを明確にしてから借りることをオススメします。

でないと勝手に決めた目標外のことに使いその目標に達成できず、また借金しようという悪循環になるからです。

計画を立てて実行するということはとても大切です。

借金は借りて終わりではなく責任をもって返済するところまでが借金というものです。

ハメを外すと取り返しのつかないことになり第3者に迷惑をかけることになり信用を失います。

借金をして良い事もありますがその反面気をつけなければならない事もあるので注意しましょう!

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼