みんなの借金しくじり話
失敗談

一ヶ月も滞納するとズルズルなり結局、借金が増えるだけだった…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『アコム、プロミス、レイク』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

借金する以前は、手元にあるお金の中で買えるものだけを買う生活で、思い切った買い物はできませんでした。

例えばパソコンなど数万、十万円単位の買い物はなかなか思い切ってできなかったように思います。

また、月末くらいになるとお金がなくなってきて、食事など色んな我慢も必要になり、それはそれで苦しさはあったと思います。

借金をするまでは我慢という概念が大きくあったかもしれません。

借金してからは我慢というのがあまりできなくなってしまったかもしれません。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

クレジットカードを利用する中で、リボ払いを使うようになったのが始まりでした。

利息があることは分かっていましたが、毎月の支払いを考えるとどんどんリボ払いの利用率が大きくなり、徐々にその返済額も増えてきてしまい、返済以外で日常で必要な現金のためにキャッシングもするようになりました。

かといって、節約する事もあまりなく生活を続けていました。

さらにリボ払いとキャッシングの返済のために、さらに借金をするしかないという悪循環に陥ってしまいました。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

借金はクレジットカード関係から始まり、有名な消費者金融関係にも至りましたが、あまり有名ではない街の消費者金融的なところでは借りないように注意はしていました。

いわゆる、テレビでCMをしているような消費者金融ならまだ安全という意識はありました。

実際に、そういう消費者金融会社については、ドラマなどで見るような怖い取り立てというのはありませんでした。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

結果的には借金自体は良くないのですが、借りていた当時の事を考えると、仕事のストレスや悩みを抱える中、「お金がない」

という悩みからは逃れることができていたかと思います。

そのおかげで、ある程度欲しいものも買えていましたし食べる事への我慢もなく、「生活苦」

のようなものは感じずに生活できていたことは良い点だったかと思います。

ある意味、精神的な部分の救済になっていた点では、劇的に良くなった変化なのかもしれません。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

まず、消費者金融会社自身も発信はしていますが、借金の利用は計画的にしたほうが良いと思います。

特に、リボ払いや分割払いは利息や返済の先行きが見えづらいところが大きいので、注意が必要です。

どうしてもお金が必要な時には、ある意味での「たすけ舟」

になるのは確かなので、一時的に必要な額だけ借りたり、利息や返済の計画をしっかりと把握した上で可能な額だけ借りるというのは良いかと思います。

本当に必要な借金かどうか良く考え、短期間で返済できるような額だけ借りるようにするのをおすすめします。

ご利用は計画的に。

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼