みんなの借金しくじり話
失敗談

必要ではないお金は借りないことが大事…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『紀陽銀行のカードローン』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

普段はお給料の範囲で生活が出来ますが、値段の高い家電や家具が壊れてしまった時は、預金残高に余裕がなくなり、来月のお給料日まで生活費を切り詰める必要がありました。

定期預金を途中解約をすると損になってしまいますし、預金額が減ってしまうので悩んでいました。

普段取引をしている紀陽銀行のカードローンは、比較的低金利で融資を受けることが出来るので利用を検討することになりました。

審査までに数日掛かりますが、消費者金融に比べると金利が低いです。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

月末のお給料日前に親戚の人が亡くなり、香典やお供え物を用意しなければならなくなりました。

エアコンは15年以上使用しているので、リビングと寝室のエアコンを買い替えたばかりだったので、預金残高に余裕がありませんでした。

定期預金は解約をしたくないので、総合口座通帳を持っている紀陽銀行のカードローンを利用することになりました。

消費者金融とは違って即日融資には対応をしていませんが、低金利で融資が受けられます。

8万円を借りることになりました。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

消費者金融のキャッシングは、即日融資に対応をしていますが、金利が高いので早く返済をしないと損になってしまいます。

基本的には金利は日割り計算になっているため、借り入れ期間が長くなると損になってしまいます。

銀行カードローンは、低金利で融資を行っているので金利に負担が少ないです。

紀陽銀行は普段取引をしているので、融資の相談をしやすいです。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

紀陽銀行はカードローンの審査に通ると、カードを発行してくれるので融資を受けることが出来ます。

私は専業主婦なので、消費者金融ではお金を借りることは出来ません。

配偶者に安定して継続した収入があるので、夫の信用でお金を借りることが出来るので便利です。

私には収入がないので、利用限度額は低めですが、10万円ぐらいのお金を借りることが出来ます。

利用限度額が低いので、借りすぎを防ぐことが出来ますし、短期間で返済が出来るので便利です。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

銀行や消費者金融のカードローンやキャッシングは、利用限度額の範囲であれば何度も借りることは出来ますが、必要ではないお金は借りないことが大事です。

お金を借りたら、なるべく新たに借り入れはせず、債務を完済することが大事です。

金融機関によっても、金利が違ってくるため、なるべく低金利で申し込みから、融資までが速い金融機関がお勧めです。

借金は決して悪いことではないので、返済出来る金額であれば大変便利なサービスです。

債務を遅延したり、延滞をすると遅延損害金が発生したり、利用停止になることがあるので注意をして下さい。

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼