みんなの借金しくじり話
失敗談

起業・闘病など実のある借金、完済の道筋があるを推奨します…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『三井住友カードローン』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

手取り20万円ほどで、毎月の収入で贅沢はできないが何とか一人暮らししていける程度の生活でした。

飲み会や趣味にかけるお小遣いが制限されていて、買いたいものがある時などは特に「お財布と相談」

が必要でした。

主な出費先は一人暮らしの家賃70,000円でした、他にもスマートフォン代、光熱費、会社に来ていくスーツのストッキング代などです。

正直なところ、スーツはお金がかからないと言われていますが、女性はストッキングが破れやすく、オフィスカジュアルにしないならストッキング代がほしいと考えるレベルでした。

月に2,000円程度ですが、残念に思っていました。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

金策からTポイントが溜まりやすいクレジットカードを探していました。

当時一番ポイントをためやすいと考えていたため、Tポイントが溜まりやすいことに絞ってクレジットカードを探していました。

無事見つけ、契約しました。

困ったこともなく使用していましたが、毎月に支払いが3,000円のみでどうなっているのだろう?と淡い疑問を感じていました。

3ヶ月ほど経った時、自分がクレジットカードの代金を定額で支払うリボ払い契約になっていたことを知りました。

その時点で150,000円ほど借金となっていました。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

こだわりなどありません。

気がついたらそうなっていました。

すべてのクレジット会社に言いたいことは「初期設定のデフォルトをリボ払いにするな!」

ということです。

150,000万円の支払いをする中で、利子がついていることに気が付きました。

その利子を払わないですむように3ヶ月で完済することを決めて極貧生活をするはめになりました。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

借金に気がついていなかったころ、支払いが毎月3,000円だったので残った生活費が多く、少し「ウハウハ状態」

でした。

気持ちが良くなって、ついつい買い物をしてしまっていたことは言うまでもなくです。

その時の気持ちは「社会人ってお金持ち!大人になってよかった!」

でした。

あとになって大変なことになっていることに気がつくまでは幸せそのものです。

欲しい物は買え、友達と飲みに行くことにも「お財布と相談」

は不要です。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

借金は必ず返さないといけません(自己破産などの条件を除く)そのことを加味して借金するか、しないかを決めてください。

私の場合は3ヶ月で気が付き、その後の極貧3ヶ月で完済できました。

もともとお金持ちでなかったため、下手な借金はせず、すぐに完済できましたが返済額は人によります。

大切なことは身の丈に合った借金生活をするということ。

うっかりではなく、起業・闘病など実のある借金、完済の道筋があるを推奨します。

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼