みんなの借金しくじり話
失敗談

ちゃんとした業者からお金を借ればよかった…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『みずほ銀行カードローン』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

病気がちで働けなくても短時間しか働けないことで毎月の生活費が不足していたことで精神的にもギスギスしていました。

家賃など少し遅れても待ってもらえるものは給料日まで待ってもらうということもしていましたが、罪悪感はあって精神的にボロボロになっていました。

贅沢をしていたわけではなくて、生活に必要なものは一通り節約していましたが、それでもお金が足りなくて、本来必要なはずの通院も必要な回数通えなくなっていたことでますます体調が悪くなって仕事も難しくなっていました。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

病気がちで正社員を解雇されてから始めたパートの仕事も休みがちで生活費が不足したことがきっかけです。

生活費は足りなくても体調は悪くて、でも病院にかかるお金もなくて、それでも病院には行かないとさらに体調が悪くなってしまって働けなくてさらにお金がなくなってしまうという悪循環から抜けるためです。

扶養調査のいらない医療費の支援制度は使っていましたが、扶養調査の必要な生活保護は実家への連絡が行くことがネックで利用できないためです。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

なるべく金利の低いところから借りるために複数の業者から比較して選びました。

あとはなるべく借金がバレにくいということも決め手なので、店舗に行かずに家から手続きできることを重視しました。

借金をするにあたって注意することは、当然と言えば当然ですが贅沢をするためにお金を借りるのではなくて、あくまでも生活費や医療費のためにお金を借りたということを忘れないようにすることです。

返済も給与が入ったらすぐにするように心がけて、金利がなるべくかからないようしました。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

借金をするまではお金がないという理由で病院に行かないことが結構ありましたが、借金をするようになってからは通院に必要なお金や薬代を払えるようになったので以前よりは病院に行くことへのハードルがグッと下がって生活全体のQQLは大幅に上がりました。

病気が完全に治らなくても薬で症状を緩和させることで仕事もできるようになったので、精神的にも金銭的にも生活にゆとりができるようになりました。

家賃などの必要な支払いも遅延しなくなりました。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

「借金は悪」

と決めつけるのではなくて、本当に必要な理由があって計画的に借金をするならばそれはそれでアリだと思います。

とはいえ無計画にたくさん借りるのではなくて、必要最低限の額だけ借りてすぐに返すくらいがちょうどいいです。

「ご利用は計画的に」

ができる人ならば、良い味方になってくれるはずです。

友達や家族などに借りて関係を壊してしまうくらいならば、簡単なやりとりでお金を借りることのできる、ちゃんとした業者からお金を借りたほうが良いです。

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼