みんなの借金しくじり話
失敗談

借金を慢性化させないことが一番大事だった…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『三菱UFJバンクイック』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

「とにかく自分の力で自立して生きたい!」

「親に迷惑かけてられない!」

と思っていました。

当時シェアハウスに住みながら、自分のやりたい仕事をやって辛いことがあってもなんとか1人でやっていくんだとエネルギーに満ち溢れていました。

お金を自分で稼いだことで、興味のなかった服や持ち物にもお金をつぎ込み豪遊して暮らしていたと思います。

「持つものが変わるとちょっとお金持ちになった気分になって気持ちいー!!」

とも思っていましたね。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

精神的にバランスを崩して

「もう本当に好きな仕事以外ひとつもしたくない、、、」

という状況になり、務めていた仕事をやめました。

それから3?4ヶ月は無職生活をしたので、当然生活費は足らなくなり、生活のために借金をすることになりました。

「本当は借金なんぞ、したくない!

 でもやりたくない仕事なんてもっとやりたくない!」

という自暴自棄でした。

親に頼りたくなかったので、もちろん誰にも言わず1人で無人機ATMからごそっとお金を借りました。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

借金をして、そのお金で無職生活を送る数ヶ月間は未来への自分の投資だと。

「その期間はとことん自分と向き合う!」

と決めていたことです。

ただの浪費ではなくて、意味のあるお金として借りたかった。

というかそう思わないとなんだか自分が情けなくてやってられなかったです!

注意したことは、換金できるものは全て換金して、それでも足りなかったので最終手段として借金をしたことです。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

お金がないけど時間がめちゃくちゃある(無職生活)だったので

・とにかく自分は今何がしたいのか

・何に興味があるのか

を知ろうとするようになりました。

その中で残りの人生、

「これはやらないと後悔する!」

「こんな人に憧れる!」

という自分の中にあった理想をたくさん探しました。

よくなった事は、借金と引き換えに「自分と向き合って休憩」

する時間が取れた事です。

今振り返れば、必要な時間だったし、これからも意識的に休むことは取り入れたいなと思いました。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

・なんのための借金なのか

・借金する以外に道は全て頼ったか(実家に戻る、友人を頼る、日雇いでもいいから稼ぐなど)

を確認しておくことをお勧めします。

借金をした私が振り返って今思うのは

・変なプライドは捨ててすぐに実家に帰ればよかった

・お金は借りるのは一瞬、返すのにはとても時間がかかるし、心が削れていく感じがする

 普通にしんどい。



・自分の月々の収支と税金についてよく調べておけばよかった

(知らなかったからバランスがおかしくなり、借金に至ったので)

とはいえ、借金しないといけない状態の時はあると思います。

過去の自分に言えるなら、

「借金を慢性化させないことが一番大事で、それさえなければ全ていい思い出に変わる!

未来への投資!と思って借りないといけないならばもう素直に受け止め、

ではこれからどうすればよくなっていくのかをよく考えて行動して欲しい」

と伝えます。

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼