みんなの借金しくじり話
失敗談

飲み代として借金していたら取り返しがつかなくなった…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『アコム・レイク・プロミス』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

借金をする前は、収入も安定しており比較的裕福な生活を送っていました。

月の収入も30万ほどあり、都心でもないので家賃も安く、一人で暮らすには十分でした。

悩みとしては、貯金が出来ない性格で20代後半になっても貯金は0でした。

このままではいけない!と思い貯金を始めたのですが、気付くと貯金どころか借金しかありませんでした。

スキルもなく学歴もなく資格もない小娘には稼ぐ手立てもなく、日々貯金したいなと思っていました。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

当時付き合っていた彼氏のギャンブル癖と飲み代が激しく、みるみるお金が足りなくなっていきました。

彼は若い時に消費者金融で借りたまま返していないらしく、ブラックリストに載っているからお金が借りれないと言われ泣く泣く私の名義でお金を借りることになりました。

最初は少額で、飲みに行くときにお金が足りないので無人機にいきカードを発行しました。

初めて消費者金融のATMコーナーへ行ったときは、「あー借金するのか…」

と虚しい気持ちになったのを覚えています。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

最初は10万円までしか借りない!と心に決めていました。

なので、枠も広げずに10万円が上限でした。

それがアコムからある日電話がかかってきて、「〇〇様、ご融資の枠を広げることが可能ですがどういたしますか?」

と言われました。

私は広げたくなかったので、「いえ、広げなくていいです。

このままで。

と断ったのですが、

オペレーターの方はノルマでもあるのか、引き下がらずに「一旦枠を広げておきませんか?使わなくてもいいので。

今広げておかないと、後で広げる際は審査から行って収入証明書類を提出してもらったりと、すぐにはご融資できない可能性がございます。

と言われました。

今やっておかないと面倒くさいですよ、となると使わないでいいんだし一旦広げておこうかなとなってしまいました。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

良くなった変化はありませんが、借金をする前は

「借金する人って、ホームレスみたいにボロボロで本当にお金がない人がするんだろうな…」

と思っていました。

無人機へ何度か行ったとき、普通の恰好をしたサラリーマン風の方や主婦らしき女性など、普通にその辺に歩いているような人が利用していました。

見るからにお金がない人じゃなくても、借金するんだなー、と自分が借金をして初めて知りました。

別世界の話ではなく、本当に身近なものなんです。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

借金をしなくて済むなら借金をしない努力をした方がいいです!確実に!

少しだけ、生活の足しに、1万円あれば給料日まで大丈夫、なんて理由で借りてしまうと

何に使ったかもわからない内にお金はなくなります。

まず借金をしなきゃ生活できないほど困窮しているのであれば、生活保護などの行政に頼る方法もあります。

借りても返す目途がつかないのであれば借りない方がいいです。

実際、私は彼氏の飲み代として借りてから上限額MAXまでいき、6年経過していますが

全く元金は減っていません。

毎月毎月利息を払い、多目に返済してもすぐお金がなくなり引き出す…そんなことを6年も続けているのです。

可能であるならば副業やバイトでお金を作った方が、後の人生は苦しまずに済みますよ。

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼