みんなの借金しくじり話
失敗談

滞納することで、返済能力なしと思われてしまう…

借金の経験者
借金の経験者

私が借金した会社は、

『アコム・プロミス』

です。

質問①

借金する以前はどんな悩みがあった?

派遣社員としてその日暮らしな私でした。

夢も希望も何もなく、パートナーもいない日々、ただ働いて、部屋に閉じこもるような引きもこりの生活を送っていました。

友達もいるわけはなく、職場も転々としていて長く勤めることもなく、資格を取得する前に契約期限が切れてしまうのでスキルアップさえできないから、給料の面でも毎日不安になる日々でした。

ただ、ここから抜け出すことも正直な話、面倒くさくて、引きこもりの生活を過ごしていました。

質問②

あなたが「借金」に至ったきっかけは?

派遣切りに合うという話が出てきたからです。

自分の番だということはなんとなく雰囲気で分かっていましたが、派遣元から職探しをしたほうがいいよとも言われてしまいました。

そのために、活動費用の負担がありました。

その日暮らしだったから、貯金だってほとんどないのに、生活なんてできないから、消費者金融に融資してもらうのなら、今、働いている時期に借りたいと思いました。

そうしないと、無職になったら借りることはできなくなるからです。

質問③

借金するに至って注意したポイントは?

消費者金融から借金するにしても、自分としては返済能力が今ひとつだったので、大手で借りることにしました。

大手ではキャンペーンをしていて、無利息というのが魅力でした。

もしかしたら、すぐに仕事が見つかって、トントン拍子で返済できるかもしれないから、そしたら、利息を払うことのないキャンペーンを利用したほうが得だと思いました。

質問④

借金を始めて何が悪くなった?

仕事を失いました。

失ってから職を探しても見つからず、融資してもらったお金はすぐに無くなりました。

活動費用に使うつもりだったのに、食べ物や着るものなどに費やしてしまい、いたらぬモノを買ったりして、あっという間に無くなりました。

劇的に悪くなった変化としては、それからすぐに体調を崩してしまい、働くことさえできない状態におちいったことです。

だから、貯金から返済しても完済もできない状態で、債務整理をするとこまでいきました。

質問⑤

これから「借金を考えておられる方」へのアドバイスは?

「借金はするな」

、ということだけです。

借りたいなら友達や家族から借りろとも言いたいです。

消費者金融などから借りたら、返済しなければ、自分の情報にキズがつきます。

何なら、クレジットカードなども作れなくなったり、スマホを買いたいのにローンが組めなくなることもあります。

借金をするつもりなら、自分の情報が金融機関に知れ渡ることを知っておいてください。

滞納することで、返済能力なしと思われてしまいます。

返せないなら借りないことです。

お金に困っている人にマジでおすすめ!!!

「債務整理」で借金を減らすことが可能です

  • 返済が遅れそう…
  • 元金が減らない…
  • 督促の電話が怖い…
  • 毎月の返済額が高い…
  • 家族に内密にしたい…

そんな人は、債務整理が絶対におすすめです。

債務整理とは、「合法的な借金減額方法の制度」のこと。法律的にも問題なく借金を減らすことが可能です。

国が認めた借金減額方法で、借金で苦しむ人を救済する目的で導入された制度になります。

「実際にどのぐらい借金を減らせるの…?」

まずは無料でシュミレーションしてみましょう。

↓↓↓↓↓

①債務整理でおすすめが『つちぐり法律事務所』

▼ 無料・著名OK ▼

②債務整理でおすすめが『司法書士法人 穂』

▼ 無料・著名OK ▼